代表取締役からのご挨拶

2018年「トラスト30周年記念イヤー」
さらなる進化(深化)を目指します!


 2018年はトラストネットワークにとって大事な、節目の年になります。当社は、来年2019年1月19日に創立満30年を迎えます。今年1月19日から、来年の3月31日までを30周年記念イヤーとし、創立30年を社員全員で祝い、今後のさらなるトラストネットワークの発展・成長を願う期間にしていきたいと思います。

 トラストネットワークという社名は、「トラスト=信頼、ネットワーク=つながり・絆」。つまり、会社の活動を通じて、“信頼のきずな”を築いて行こうという意味を現しています。社員同士の信頼、そしてお客さまの信頼を得る会社を目指しています。

  今年4月には、過去最高の43名の新入社員を迎えました。人材がすべて、人材を大事にする会社、研修・育成に力を入れるトラストネットワークという評価を確実に定着させていきます。

 さらに、トラストネットワークの基盤を強化するために、コンプライアンス体制の強化、メンタルヘルス面での社員サポート、女性社員に活躍してもらうための環境整備、女性の管理職を増やす施策も積極的に進めています。

 トラストネットワークの会社の目標は、社員一丸となって、“シンカ”を目指そうというものです。“シンカ”とは、前進の意味での【進化】、内容を深める【深化】、そして、トラストの真価を発揮していこうという【真価】です。

トラストネットワークは、まさに進化(深化・真価)のまっただ中にいます。

 また目標に掲げるクライアント局様の“放送無事故の推進”に関しては、昨年は、1,000日達成を2つの事業部が、1,500日達成を1つの事業部が達成しました。そして、2,500日を超える放送無事故を継続している部が2つあります。ほぼ7年もの間、無事故を継続している記録は、業界にとっても素晴らしい偉業と言って過言ではありません。

 また、トラストネットワークは、激変の波に乗り遅れることなく、BS・CS、J:COMケーブルテレビ、AbemaTVなどのインターネットテレビなど、様々なメディアへの取り組みを加速させ、コンテンツ制作分野、ネット動画配信分野へも積極的に参加しています。

 トラストネットワークには、「トラスト魂 愚直に一生懸命」という働くうえでの標語があります。
 人が見ていようが見ていまいが、自分に正直に、誠実に、コツコツと丁寧に心を込めて一生懸命仕事に向き合おうという意味の言葉です。

 全国、トラストネットワーク約950名の社員は、まさに、この「トラスト魂」を発揮して一生懸命働き、お客様の熱い信頼を得ている会社です。


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 木村社長のブログより『気持ちの良い会社』


 トラストネットワークが外部の人から、どんな会社に見られているんだろうと考えていた時、研修を担当してくださったキャリアコンサルタントの工藤倫子講師が、ご自身のブログで当社を紹介されている記事を見ました。

 『7月の終わりに、私が研修をさせていただいた会社、トラストネットワーク様から社報が届きました。その社報は、写真がキレイなこと、構成が良いこともあると思うのですが、それにしても、全体的に気持ちが良いのはどうしてなんだろうと考えてみました。
 私なりに分析した結果… 「恰好つけていない!」からなのではないか、と思いました。
 よく、風通しの良い職場、フラットな雰囲気、意見が通りやすい、というような表現がされますがそれは「表向き」な場合も多いものです。トラストネットワークには、そういう「表向き」感がないのです。
 私は、よく大学生に「良い会社の見分け方を教えて下さい、良い会社ってどんな会社ですか?」と質問されることがあります。
 そのたびに「私が思う良い会社と、あなたが思う良い会社というのは違うのではないですか?」とお答えしていました。
 あなたにとって良い会社って何?入社後何がしたいの?どこを見てますか?ということですよね。私が「この会社、いい」と思っても違う人が見たらそうは思わないかもしれない。
 でも「気持ちのよさ」というのは誰もが感じることかもしれませんね。
 挨拶とかマナーの良さだけではないと思うのです。「気持ちの良さ」というのは。
 「格好つけていない」ということは、裏表がない、信用できる、親しみやすい、ということに繋がり、結果、気持ちの良い清々しい感じに繋がっているのかなぁと分析しました。
 と…ここまで書いて初めて気がつきました!!
 そうか。社報のタイトルは「ざっくばらん」。…そのままでしたね!!
 恰好つけていない、ざっくばらんに語れる風土がこの会社にはあるんですね。』


 という内容でした。

 褒められすぎかなと、少々、気恥ずかしく感じたのですが、「気持ちの良い会社」という評価は、私にとっては、最高の誉め言葉だと感じました。
 工藤講師が感じられたように、トラストネットワークが本当の意味で「気持ちの良い会社」になれたら、素晴らしいことだと思います。
 周囲の皆さんから「トラストネットワークは、気持ちの良い会社ですね」と言われ、また、自分たちでも「私たちの会社は、気持ちの良い会社なんですよ」と堂々と言える、そんな会社を目指して、皆でこれからも頑張っていきたいと思います。